ぷりま

記事一覧(36)

イ・ジョンソク「映画「VIP」で初の悪役、今までになかった悪人 "

イ・ジョンソクの感性があふれる画報とインタビューが公開された。17日コスモポリタン側はイ・ジョンソクと共にした12月号を公開した。 今回の画報の中イ・ジョンソクはモデル出身演技者らしく、優れたプロポーションを自慢してニューバランスのスポーティーなジャンパーからカジュアルなスニーカーまで多様な衣装を素敵に消化して冬季完ぺきな彼氏ルックを演出した。 最近映画‘VIP’の撮影を始めたイ・ジョンソクは初めて悪役を引き受けることになったとし、“言葉どおり悪役です。 本当に‘悪’だけある、理由も、名分もなしで悪漢の人. 普通劇中人物の感情船がどんな可能性を持って変わって行く過程があるでしょう。 私が引き受けた役割はそんなことが最初からないです。 今までなかった悪人です”と前年全く風変わりな演技変身に対する悩みとときめきを表わした。引き続き、映画とドラマを休むことなく活動して牛のように仕事をするという意味で‘異種所’というニックネームを得た彼は“私は演技するのが恐ろしくて大変でした。 それで休まないで続けて作品をしたことです。 ところでそれが反復になってみると鈍ったことのようです”として最近活動に対する率直な心をさらけ出すこともした。空白期間の間演技のほか自身がしたいことに対して絶えず自問して友達らと共に服を製作したという彼は服に彫られた‘抱擁とキス’の意味に対して“私たちが普通慰労をしたり受ける時、基本的にする行動が腕をしゃんと伸ばして‘こっちにきて’と抱くふりでしょう。 それですべての関係でみな許される‘抱擁’と、恋人間の‘キス’を思い出させたことのようです”と伝えて、本人もキス、上にそして抱擁が必要だという言葉を付け加えた。 本人の成長のために絶えず考えて努力する情熱があふれる俳優イ・ジョンソクの感性があふれるより多くの画報とインタビューは‘コスモポリタン’ 12月号マンとコスモポリタン公式ウェブサイトで会ってみることができる。